BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人 線維筋痛友の会は、活動主旨に賛同し、
2007年6月1日よりJPA 日本難病・疾病団体協議会JPA(Japan Patient Association)に加盟します。

日本難病・疾病団体協議会JPA(Japan Patient Association)とは
日本難病・疾病団体協議会は、日本における患者運動のナショナル
センターの確立をめざして、日本患者・家族団体協議会(略称:JPC)、
全国難病団体連絡協議会(略称:全難連)など、52団体、構成員31万人が参加し、
2005年5月30日に統一組織として結成されました。「人間の尊厳、生命の尊厳が
何よりも大切にされる社会」(結成宣言)の実現を願っています。

難病、長期慢性疾患、小児慢性疾患などの患者団体の連合体組織の運動を通じて、
医療・福祉・介護・教育・就労・リハビリ・移動等に関する総合対策の確立を
めざして運動しています。現在59団体(37県難連・21疾病全国組織・1準加盟)
3、378組織、312,221人と7団体31,116人の増加となっております。
(以上、JPAホームページより抜粋・転載)

くわしい活動はJPAホームページをご覧下さい


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。