BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総合司会高橋千鶴子議員のもと、[障害者の全面参加と平等推進委員会]の議員10名が出席し、まず共産党の自立支援法や将来の障害者福祉、医療についての考え方、施策について話がありました - 小池晃議員。その後 JPA, JD, DPI等の各団体代表の要望と意見が述べられ、その他10ほどの患者会の現状、要望が述べられ、特にひとつの障害も病気も福祉、医療から取り残されないようにと2時間-目いっぱい色々な発言がありました。

線維筋痛症については、2008年に小池議員の紹介のもと舛添大臣のところに要望に行ってから、いまだ目に見える施策がなされていないことについて、発言し、200万人の患者は難民のようである、市民権が欲しいということと、線維筋痛症の保険適応薬がひとつもない中、適応外薬もはずされている窮状を話しました。

                                                                        
共産党 懇談会 9Dec-09

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。