BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本難病・疾病団体協議会(JPA)では07年5月28日(月)、
「難病、長期慢性疾患に対する総合的対策の早期実現を求めることに関する請願」
行動を行ったが、07年7月5日、第166回通常国会において
衆・参両議院とも採択され内閣に送付された。 
請願の採択は昨年に続き2年連続。署名数約86万筆。

 昨年は私たちの運動が実を結び、
「難病の原因の究明、治療法確立のため、難病対策の一層の拡充」
「難病患者の医療費負担の軽減」
「先天性疾患や小児難病の子どもたちへの医療費助成の充実」など
7項目の請願が採択されたが、今回は「昨年採択された請願を
早期に実現してください」というもの。

「今後の難病対策」勉強会ホームページより転載)


☆☆☆☆☆

線維筋痛症友の会が、正式に加入する前の請願ですが、
この出来事は、ただお願いするということではなく、
起こした行動で、私たちひとりひとりの力が重なり、
変えていくことが出来るんだと、心から実感でき、
頑張っていく力を頂きました。心から感謝です。
署名の大切さも、実感した出来事となりました。

行政に対し動いてないように感じても、
病院やひとりひとりに合った治療を受ける。
それが症例を増やすことにつながっていると思います。
明日の誰かの笑顔に、つながりますように!


nanoko small


文責 高橋菜の子

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。