BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北支部より報告が届きました!

☆☆☆☆☆


東北支部第5回医療講演・医療相談会・交流会(総会)を、
2008年6月14日(土)14:00から、
仙台市の後援のもと、宮城県患者・家族団体連絡協議会の支援も受け、
仙台市シルバーセンターで開催しました。

当日朝に岩手・宮城内陸地震が発生し、
新幹線・在来線・高速道路が不通になるなか、
20名が参加され、遠くは青森、岩手などからも出席があり、
主催者として大変感激いたしました。
 
当日のメインの医療講演・相談会では、
ご多忙のなか、太白さくら病院理事長の宗像靖彦先生から、
「今できる治療方法」というテーマで講演がなされました。
最新の医学知識と、患者さんの状況も踏まえて、
薬に頼らず、できるだけポジティブな考え方をとり、
痛みを少しでも忘れるように、それぞれができる範囲で
仕事や趣味などに向かうことが、気持ちと生活を変えて
ゆく大きな力になるなどの貴重なお話を聞き、
引き続いて開催された相談会でも関連した質問などが
多数出され、時間が不足するほどでした。

地域によっては、専門の医師が極めて少ない東北地方にあって、
このような支部活動の重要性は大きいものといまさらのように感じております。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。