BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広島交流会の“かもめのジョナサン”さんの
WEB SHOP「blumenbeet」より線維筋痛症患者、線維筋痛症患者の
ご家族の声を集めた体験談の書籍が発売されました。
よかったら、ご覧になってみて下さい。


以下、“かもめのジョナサン”ホームページより。

☆☆☆☆☆

01221229_47956317b3a27.jpg

「“病気”だけど“元気”です!」


…はじめに…

私は、全身性疼痛の「線維筋痛症」という病気です。
でも…“病気”だけど“元気”です。
日本語的には、変ですよね(笑)。
でも、病気だけど元気なんですよ(笑)。
病気になると、なぜ、私が…と、悲しくなります。
家族も友人も大変です。凹んでしまいますよね…。
どんなに悟った人だって、涙を流すでしょう。
病気になった事を悔やむでしょう。
そして、挫折し、希望を失うでしょう。
絶望感に襲われ、逃げ出したくなるかもしれません。
いいんです。それで当たり前なんです。
やったぁ!病気になった!イェーイ!
と、喜ぶ人なんて、きっといないでしょう。
でも、病気だけど元気になって欲しいんですよね。
病気になると、色んな事が出来なくなったり、
不安にもなるし、希望なんて、なかなか持てないですが、
それを作り上げているのは、
あなたの心なんですよね。
その事に気づいて欲しいです。
いいじゃないですか。今まで通りでなくても。
いいじゃないですか。今のあなたでも。
一度しかない人生です。病気だけど元気なあなたで、
楽しい夢にあふれた人生を歩んで欲しいです。
そんな思いを自分の言葉で、みなさんに伝えていこうと思います。
著書は、私が調子悪くても、例え死んでしまっても、休む事なく、
みなさんを支えていける最高の手段です。
この著書が、あなたの生きる力になりますように、
そして心の支えになってくれますように。

かもめのジョナサン

02131823_47b2b72fad0cc.jpg

「(続)“病気”だけど“元気”です!」


…はじめに…
私は、全身性疼痛の「線維筋痛症」という病気です。
前回の著書は、患者側からの“病気”だけど“元気”です!
のメッセージを綴りました。
今回は、患者兼看病経験のある私からの、
患者の方を支える、あなたへの
メッセージをお届けしたいと思います。
病気は環境により、かなりの影響があります。
患者の方を支えるあなたが辛い
状況では、患者の方は勿論、
あなたにも辛い環境となり、
共倒れになり兼ねません。
まずは、患者の方を支えるあなたから、
“病気”だけど“元気”になりましょう。
きっと、病気の回復への
力になる事でしょう。

かもめのジョナサン

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。