BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道支部・交流会のお知らせ

日時  11月7日(金) 2:00~
場所  北海道難病センター  小会議室
http://www.do-nanren.jp/center/map.html
札幌市中央区南4条西10丁目 TEL 0115123233
会費  無料

会員・家族、又は会員に入会していない方も、ぜひ参加して下さい
予約はいりません。お茶を飲みながら、情報を交換しましょう。

スポンサーサイト
『大阪交流サロン』を、エルおおさか(大阪市中央区北浜東)にて開催しました。
それぞれの予定、体調などに合わせて参加するということで、
悪天候のなかでしたが、付き添いの方などをふくめ、27名の参加者がありました。


今回も、患者・家族の方だけではなく、
「患者さんの役に立ちたい」と医療や福祉のお仕事・勉強をされている方も数名来られ、

熱心に私達の話に耳を傾け、資料にも目を通しておられる姿に、
こちらが元気を分けていただきました。

それぞれのグループで、そして、時には全体で、
お互い聞いてみたいこと、悩み事なども話し合いました。
ちょっとチャレンジだったのですが、やってみてよかったです。

会場や全体の日程の関係で、次回の大阪交流会は来年になりそうです。
またご案内しますので、どうかお楽しみに。

大阪府池田市主催・NPO人材養成講座
「市民活動の魅力を高め、助成金獲得に強くなろう!」に参加しました。

『ある助成金に応募し、活動をプレゼンテーションする』という
シュミレーションを通して、自分たちの活動の目的や、方向性を見直す、
という学習をしました。これからに活かしていけそうな実践的な講習会でした。

西岡先生が会長をされる「APLAR2008」にて
養老孟子先生のご講演が急遽決定いたしました。講演日時とタイトルは下記通りです。

日時:9月27日 11:00~11:30
場所:パシフィコ横浜502号室
演題名:「脳は痛みをどのように感じるか」

APLAR会議中ですので、会場警備のため
整理券を学会受付にて1000円でご購入いただきますようお願い申し上げます。
なお、一度入場された方はそのあとの閉会式及び
リウマチ財団20周年記念事業にもご参加いただけます。
2008・10・5(日) 午後2時~4時
第3回 岡山交流会が開催されます!
「くらしき 健康福祉プラザ」【301研修室】で開催します。

menu_festa_plaza.jpg

JR倉敷駅からバス約10分・駐車場あり
(当日会場電話 086-434-9850)
もともと、岡山はマイカー等利用の方が多いと聞いていますので、車が便利な会場にしました。もちろんJR→バスやタクシーの利用も便利です。もちろん岡山県以外の方の参加も大歓迎です。
【参加費】 500円(付添無料)
参加申し込み/詳しいお問い合わせは・・・
○関西支部事務局メールアドレス・・・kansaifms@yahoo.co.jp 
○いけだNPOセンター(関西支部事務局)TEL: 072-752-4334 FAX: 072-750-5125
*10:00~17:00 日祝・月曜日は休館

第2回線維筋痛症研究会開催次第と市民公開講座のお知らせ

日 時:平成20年10月12日(日)~10月13日(月・休日)
会 場:ホテルグリーンパーク津(10月12日) 10:00~17:00
    三重県津市羽所町700(JR、近鉄津駅横)TEL 059-213-2111
アスト津 アストホール(10月13日) 9:00~12:30
    三重県津市羽所町700(JR、近鉄津駅横)TEL 059-222-2525
参加費:5,000円(参加費は年会費・懇親会費を兼ねます)
なお、患者や家族の方は13日の市民公開講座のみ参加できます。無料です。
このような講座が開かれる機会も少ないですから体調がよければ是非お申込ください。

プログラム
10月12日(日)
10:00~11:50
一般演題
12:00~13:00
ランチョンセミナー
「みえてきた慢性疲労のメカニズムとその診断・対処法」
   関西福祉科学大学健康福祉科学部教授 倉恒 弘彦先生
 (大阪市立大学医学部COE疲労クリニカルセンター客員教授)
13:10~14:10
教育講演
「脳脊髄液減少症の臨床―線維筋痛症との類似点―」
  自治医科大学大附属宮医療センター神経内科講師 大塚 美恵子先生
14:15~15:15
特別講演
「疼痛のメカニズム:急性痛と慢性痛」
  愛知医科大学医学部痛み学講座教授 熊澤 孝朗先生
15:20~16:30
一般演題
16:40~18:20
スポンサード・シンポジウム(共催:化研生薬KK)
  「線維筋痛症と漢方製剤;附子・アコニンサンによる慢性疼痛の治療」
座長:桐蔭横浜大学医用工学部医用工学科教授 後藤 眞先生
18:30~20:00
参加者懇親会(ホテルグリーンパーク津)
10月13日(月・休日)
9:00~10:30
一般演題
10:40~12:20
シンポジウム
「線維筋痛症の診療ガイドライン(指針)」
座長:聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター教授 西岡 久寿樹先生
   藤田保健衛生大学七栗サナトリウム内科教授 松本 美富士先生
12:30~13:30
 世話人会
14:00~16:00
 市民公開講座(参加費無料)
司会:西岡 久寿樹先生
1)医療側かみた線維筋痛症のわが国の実態(松本美富士先生)
2)患者側からみた線維筋痛症の実態(橋本裕子理事長)
3)線維筋痛症のケアシステムの構築(虎の門会メディカルセンター事務局リウマチ・線維筋痛症ケアコーディネーター澁谷美雪看護師)
4)線維筋痛症の今後の展望(:西岡 久寿樹教授先生)

《お問い合わせ先:患者の方はこちらへ》線維筋痛症友の会事務局
TEL:045-845-0597  E-mail:jfsa@e-mail.jp
《お問い合わせ先:医療関係の方はこちらへ》藤田保健衛生大学七栗サナトリウム内科内
第2回線維筋痛症研究会 担当世話人 松本 美富士
〒514-1295 三重県津市大鳥町424-1
TEL:059-252-1555 FAX 059-252-1383 E-mail: ymatsumo@rf6.so-net.ne.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。