BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・第8回 代替医療講演会・交流会

日時:2009年11月14日(土)10:00~14:00 

会場:仙台市民会館 2階  和室 2

         TEL 022-262-4721

演題:「呼吸で明るく、痛みをのりきる」

講師:加藤俊朗さん(厚生労働省認定ヘルスケア・トレーナー加藤メソッド主宰)

会費:なし  *カンパ歓迎

定員:申込順 先着30名まで

主催・連絡先:線維筋痛症友の会東北支部

TEL・FAX 022-721-5156(山田)

後援:宮城県、宮城県患者家族団体連絡協議会 

*しめきりは11月5日(木)。電話・ FAX・葉書で参加申し込みをお願いします。



・ 第1回 ふくしま部会・交流会

 日時:2009年11月29日(日)11:30~

 会場:福島駅西口 コラッセふくしま12F

    「Ki-ichigo(きいちご)」

     TEL 024-536-6158

会費:ランチ代(2,000円程度)

主催・連絡先:線維筋痛症友の会東北支部

TEL・FAX 022-721-5156(山田)

*早めに電話・ FAX・葉書で参加申し込みをお願いします。



スポンサーサイト
日時: 2009年6月14日(日)13時~16時
場所: 青葉区中央市民センター【2F第5会議室】(仙台市青葉区一番町2-1-4)
Tel:022‐223‐2516

プログラム:
<総 会> 13時~13時30分 ※総会は会員&家族のみの参加とします。
<交流会>13時30~14時30分 ※交流会はどなたでも参加できます。
<医療講演会>14時30~15時30分。

 太白さくら病院理事長 宗像靖彦先生: 「いま最新の治療法は!」

・講演の後、相談会を開催します。

  ※医療講演会・相談会はどなたでも参加できます。

参加費:無料
申込:できるだけ事前に、電話・ Faxでお申込み下さい。

連絡先:線維筋痛症友の会東北支部
980-0014仙台市青葉区本町1-9-28-304
TEL・FAX (022)721-5156 
map

東北支部では、昨年の10月17日秋田市での交流会に続いて、3月9日(月)13:00~17:00、岩手県難病疾病団体連絡協議会難病相談支援センターのご支援にて盛岡市の「アイーナ」8階のいわて県民情報交流センターで、第1回いわて部会を開催することができました。当日は寒いなかでも天候に恵まれ、14名の参加者がありました。

ご多忙のなか講師となっていただいた白沢整形外科医院(盛岡市月が丘3丁目40-28)の白沢栄嗣院長から、スライドを使って最近の治療方法などについて懇切な説明があり、それについて質疑もなされました。その後、参加者が各人の現状について話をし、情報交換をしました。最後に、岩手県難病相談支援センターのお二人のご協力のもと、いわて部会の世話人3名を選出して、今後、盛岡を中心にいわて部会と東北支部事務局とのパイプ役として活動を続けてもらうことにしまし

東北支部より報告が届きました!

☆☆☆☆☆


東北支部第5回医療講演・医療相談会・交流会(総会)を、
2008年6月14日(土)14:00から、
仙台市の後援のもと、宮城県患者・家族団体連絡協議会の支援も受け、
仙台市シルバーセンターで開催しました。

当日朝に岩手・宮城内陸地震が発生し、
新幹線・在来線・高速道路が不通になるなか、
20名が参加され、遠くは青森、岩手などからも出席があり、
主催者として大変感激いたしました。
 
当日のメインの医療講演・相談会では、
ご多忙のなか、太白さくら病院理事長の宗像靖彦先生から、
「今できる治療方法」というテーマで講演がなされました。
最新の医学知識と、患者さんの状況も踏まえて、
薬に頼らず、できるだけポジティブな考え方をとり、
痛みを少しでも忘れるように、それぞれができる範囲で
仕事や趣味などに向かうことが、気持ちと生活を変えて
ゆく大きな力になるなどの貴重なお話を聞き、
引き続いて開催された相談会でも関連した質問などが
多数出され、時間が不足するほどでした。

地域によっては、専門の医師が極めて少ない東北地方にあって、
このような支部活動の重要性は大きいものといまさらのように感じております。

東北支部会員の方には5月に案内を郵送しておりますが、
東北支部  医療講演・医療相談会・交流会・総会のお知らせです。
総会以外は、会員以外の方もご参加頂けます。

日時:6月14日(土)14:00-17:00
場所:仙台市シルバーセンター 6階 第2研修室
   (仙台市青葉区花京院一丁目3‐2)
   *仙台駅の北方向、歩いて約8分です。

医療講演・相談会の講師は、太白さくら病院の宗像靖彦先生です。
連絡先:東北支部事務局(TEL 022-721-5156)
東北支部から充実した交流会の模様が届きました!

☆☆☆☆☆

第4回交流会(医療講演会・医療相談会)を
2007年12月2日(日)に開催しました。
当日は、宮城県と仙台市の後援のもと、
宮城県患者・家族団体連絡協議会の支援も受け
仙台市青葉区中央市民センターで開催しました。

東北支部顧問の太白さくら病院宗像靖彦先生に、
「病気と向きあう日常生活」という演題で、
線維筋痛症患者が痛みを感じるメカニズムについて、
間脳や作用する物質まで含めて、高度な内容を分かりやすく
お話しいただき、参加者は皆熱心にメモをとっていました。
 
アトラクションの宗像先生のご子息のチェロ演奏もあり、
心身をなごませながら、医療相談会に移り、
病気とのつきあい方について、質問者の状況に即した
適切なアドバイスを受け、また相互に意見交換もなされて、
非常に有意義な交流会となりました。
 
 参加者は26名で、遠くからは青森県・岩手県からの
参加もありました。交流会を開催して、改めてこのような場を
求めている方の多いことに、支部活動の意義を強く感じています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。