BlueSky.jpg
JFSA 線維筋痛症友の会がお届けする活動報告BLOG
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
午後1時より東京・台東区生涯学習センター407研修室(交通案内http://www.taitocity.net/center/map/tizu.html )、社労士たまごの会の社労士さんによる、障害年金の勉強会・相談会を行います。
最寄駅情報
・つくばエクスプレス 浅草駅 A2出口 徒歩5分 (エレベータ有り) お勧めです。
・日比谷線 入谷駅 1番出口 徒歩8分 (階段になります)
・JR山手線 鶯谷駅  南口 徒歩15分 (エレベータ有り)  
・都バス 入谷二丁目  上26系統  草41系統
スポンサーサイト
研修会が2月11日(水・祝日)9:30-16:00 千代田区の都市
センターホテルで催されました。患者会からは2名のみ参加が
許され、研究熱心な医師の講演を聞くことができました。
講師:日本大学板橋病院心療内科科長  村上正人先生 dr murakami

日時:11月22日(土)1:00~5:00
場所:ウィリング横浜12F126号室

定員120人のお部屋は一杯でした。交流会が最初に行なわれ、村上先生のパワーポイントを使われての講演は奥行きのある、患者である私たちにとって日常心当たりが多々ある大変興味深いものでした。

総会は役員の決算説明のあと、事業報告、事業予定報告、が行なわれ、予算が審議された結果、2議案とも決議を得ました。
2008年度医療講演会、交流会、総会を下記の通り行います。
総会以外はどなたでも参加できますのでぜひおいでください。

講師:日本大学板橋病院心療内科科長  村上正人先生
日時:11月22日(土)1:00~5:00
場所:ウィリング横浜12F126号室


menu_willing-map.gif

横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内 
℡:045-847-6666宿泊施設もあります。
     

アクセス:品川から京浜急行三崎口行き等(羽田行きは不可) 
快速特急、急行(下り方面)をご利用ください。
所要時間25分 上大岡駅下車。(各駅停車では時間がかかります。)
    :横浜または新横浜から横浜市営地下鉄所要時間28分 上大岡駅下車

申し込み:℡・FAX:045-845-0597 事務局 jfsa@e-mail.jp
会費:3000円  付添いの方は無料
事前申込された方には飲み物の準備をいたします。(水・お茶)
一階の一番大きな改札口に案内人ボランティアが待機していますので声をおかけください。

10月25日、26日の両日に開催された、
第8回ヘルスケア関連団体ワークショップに参加して参りました。
2008年10月12日~13日

ホテルグリーンパーク津(10月12日) 10:00~17:00
アスト津 アストホール(10月13日) 9:00~12:30 にて、

第2回線維筋痛症研究会開催次第と市民公開講座が開催されました。

西岡先生が会長をされる「APLAR2008」にて
養老孟子先生のご講演が急遽決定いたしました。講演日時とタイトルは下記通りです。

日時:9月27日 11:00~11:30
場所:パシフィコ横浜502号室
演題名:「脳は痛みをどのように感じるか」

APLAR会議中ですので、会場警備のため
整理券を学会受付にて1000円でご購入いただきますようお願い申し上げます。
なお、一度入場された方はそのあとの閉会式及び
リウマチ財団20周年記念事業にもご参加いただけます。
第2回線維筋痛症研究会開催次第と市民公開講座のお知らせ

日 時:平成20年10月12日(日)~10月13日(月・休日)
会 場:ホテルグリーンパーク津(10月12日) 10:00~17:00
    三重県津市羽所町700(JR、近鉄津駅横)TEL 059-213-2111
アスト津 アストホール(10月13日) 9:00~12:30
    三重県津市羽所町700(JR、近鉄津駅横)TEL 059-222-2525
参加費:5,000円(参加費は年会費・懇親会費を兼ねます)
なお、患者や家族の方は13日の市民公開講座のみ参加できます。無料です。
このような講座が開かれる機会も少ないですから体調がよければ是非お申込ください。

プログラム
10月12日(日)
10:00~11:50
一般演題
12:00~13:00
ランチョンセミナー
「みえてきた慢性疲労のメカニズムとその診断・対処法」
   関西福祉科学大学健康福祉科学部教授 倉恒 弘彦先生
 (大阪市立大学医学部COE疲労クリニカルセンター客員教授)
13:10~14:10
教育講演
「脳脊髄液減少症の臨床―線維筋痛症との類似点―」
  自治医科大学大附属宮医療センター神経内科講師 大塚 美恵子先生
14:15~15:15
特別講演
「疼痛のメカニズム:急性痛と慢性痛」
  愛知医科大学医学部痛み学講座教授 熊澤 孝朗先生
15:20~16:30
一般演題
16:40~18:20
スポンサード・シンポジウム(共催:化研生薬KK)
  「線維筋痛症と漢方製剤;附子・アコニンサンによる慢性疼痛の治療」
座長:桐蔭横浜大学医用工学部医用工学科教授 後藤 眞先生
18:30~20:00
参加者懇親会(ホテルグリーンパーク津)
10月13日(月・休日)
9:00~10:30
一般演題
10:40~12:20
シンポジウム
「線維筋痛症の診療ガイドライン(指針)」
座長:聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター教授 西岡 久寿樹先生
   藤田保健衛生大学七栗サナトリウム内科教授 松本 美富士先生
12:30~13:30
 世話人会
14:00~16:00
 市民公開講座(参加費無料)
司会:西岡 久寿樹先生
1)医療側かみた線維筋痛症のわが国の実態(松本美富士先生)
2)患者側からみた線維筋痛症の実態(橋本裕子理事長)
3)線維筋痛症のケアシステムの構築(虎の門会メディカルセンター事務局リウマチ・線維筋痛症ケアコーディネーター澁谷美雪看護師)
4)線維筋痛症の今後の展望(:西岡 久寿樹教授先生)

《お問い合わせ先:患者の方はこちらへ》線維筋痛症友の会事務局
TEL:045-845-0597  E-mail:jfsa@e-mail.jp
《お問い合わせ先:医療関係の方はこちらへ》藤田保健衛生大学七栗サナトリウム内科内
第2回線維筋痛症研究会 担当世話人 松本 美富士
〒514-1295 三重県津市大鳥町424-1
TEL:059-252-1555 FAX 059-252-1383 E-mail: ymatsumo@rf6.so-net.ne.jp

7月9・10日日本炎症・再生医学会に線維筋痛症友の会も出席し、
線維筋痛症の特別講演と症例報告を拝聴しました。
第2回線維筋痛症研究会開催次第

*医療従事者のみ参加可能です*

日 時:平成20年10月12日(日)~10月13日(月・休日)
会 場:ホテルグリーンパーク津(10月12日) 10:00~17:00
    三重県津市羽所町700(JR、近鉄津駅横)TEL 059-213-2111
アスト津 アストホール(10月13日) 9:00~12:30
    三重県津市羽所町700(JR、近鉄津駅横)TEL 059-222-2525
参加費:5,000円(参加費は年会費・懇親会費を兼ねます)

プログラム
1)特別講演
「疼痛のメカニズム:急性痛と慢性痛」
   愛知医科大学医学部痛み学講座教授 熊澤 孝朗先生
2)教育講演
   「脳脊髄液減少症」(仮題)
   自治医科大学大附属宮医療センター神経内科講師 大塚 美恵子先生
3)ランチョンセミナー
   「みえてきた慢性疲労のメカニズムとその診断・対処法」
   関西福祉科学大学健康福祉科学部教授 倉恒 弘彦先生
(大阪市立大学医学部COE疲労クリニカルセンター客員教授)
4)シンポジウム
   「線維筋痛症の診療ガイドライン」
5)スポンサード・シンポジウム
   「線維筋痛症と漢方製剤;附子・アコニンサンによる慢性疼痛の治療」
6)一般演題
7)市民公開講座(参加費無料)どなたでも参加できます
   「わが国の線維筋痛症患者の現況と展望」
   NPO法人線維筋痛症友の会理事長 橋本裕子ほか 


《お問い合わせ先》
線維筋痛症友の会事務局:jfsa@e-mail.jp 045-845-0597

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。